1. ホーム
  2. 混雑調査
  3. 名古屋地区
  4. 中央線千種駅平日日中上り

中央線 千種駅 平日日中上り 混雑調査

関連ページ


2021年度

調査日

2021年10月29日(金) ※新型コロナの緊急事態宣言解除約1ヶ月後

調査時間

11:00〜12:00

調査区間

大曽根→千種間 (上り)

混雑データ

種別 始発 到着時刻 混雑ポイント
(←名古屋  中津川→)
輸送
人員
平均
混雑率
換算
混雑率
[ロング
4両]
備考
1 *2 3 4* 5 6 7 8 9 10
快速
中津川 11:02 6 - 90 90 90 100 90 80 - - - 405人 50.0% 69.8% クロス(313-8K)
普通
高蔵寺 11:10 4 - 90 100 100 110 - - - - - 313人 54.0%
普通
瑞浪
11:18 8 20 40 40 60 70 60 40 10 - - 255人 22.0% 44.0% 遅1分
快速
中津川 11:25 10 20 30 40 40 50 60 50 50 40 10 293人 20.2% 50.4% 1-3両目クロス(313-1K)遅1分
普通
高蔵寺 11:31 4 - 50 70 70 80 - - - - - 203人 34.9%
普通
多治見 11:39 6 - 40 40 70 70 60 90 - - - 278人 31.9% 47.8%
快速
中津川 11:46 6 - 50 70 80 80 60 50 - - - 293人 34.4% 50.4% 1-2両目クロス(313-1300)
特急
長野
11:52 8 20% 40% 30% 30% 30% 30% 20% 20% - - - - - しなの6号|着席率表示
普通
高蔵寺 11:55 10 20 30 50 50 30 30 40 30 30 20 248人 17.4% 45.8% 1-3両目クロス(313-8K)
--- --- --- - --- --- ---

【補足】

混雑データサマリー

時間:11:00〜12:00 (60分間) 本数:8本

平均混雑ポイント
※110p以上補正済
全体 (8本) 56.4p
快速 (3本) 60.0p
普通 (5本) 54.0p
合計混雑ポイント
※110p以上補正済
全体 (8本) 3047.5p
快速 (3本) 1320p
普通 (5本) 1727.5p
推定輸送人員 全体 (8本) 約2,286人
快速 (3本) 約990人
普通 (5本) 約1,296人
推定混雑率 全体 (8本) 約29.6%
快速 (3本) 約31.8%
普通 (5本) 約28.1%
1両平均乗車人員 全体 (8本) 約42人
快速 (3本) 約45人
普通 (5本) 約40人

【補足】

コメント

2007年以来14年ぶりに調査を行いました。

14年前は7本/h(CL除く)、4両メインで一部3両が設定されるなど明らかな輸送力不足でしたが、
今回は8本/h化され、3両は完全撤廃、6両以上が多く設定されるなど、かなり輸送力増強されています。
(両数は14年前の27両/h(13時台)から54両/h(11時台)の2倍に増加)
そのおかげで6両以下の一部車両を除いて全員着席可能となっています。

輸送人員は14年前は約2,091人(13時台)(CL除く)なのに対し、
今回は新型コロナの影響が残る中で約2,286人(11時台)と約10%程度増加しています。
(ただし、今回は午前中の調査ということで、14年前に調査した午後よりも名古屋方面への流入が多いはずなので、単純比較は不可)

ラッシュ時の長編成を連結解放する手間を省くために日中も8両、10両が何本か設定されていますが、
日中の利用者が一番多いと思われる大曽根→千種間でも空席が多数見られるため、
新型コロナの影響でまだ日中の利用者数が戻り切っていない点を考慮しても輸送力過剰に見えます。

今後は315系8両固定編成投入に伴い、日中の8両が今以上に増殖することは間違いなさそうですが、
今の本数のまま8両化すると今以上に空席が目立つようになるため、本数が見直される可能性があるかもしれません。


関連ページ

  1. ホーム
  2. 混雑調査
  3. 名古屋地区
  4. 中央線千種駅平日日中上り