1. ホーム
  2. 混雑調査
  3. 名古屋地区
  4. 東海道線金山駅平日日中下り

東海道線 金山駅 平日日中下り 混雑調査

関連ページ


2021年度

調査日

2021年10月29日(金) ※新型コロナの緊急事態宣言解除約1ヶ月後

調査時間

12:30〜13:30

調査区間

熱田→金山間 (下り)

混雑データ

種別 始発 到着時刻 行先 混雑ポイント
(←米原  豊橋→)
輸送
人員
平均
混雑率
換算
混雑率
[快6両
普4両]
備考
1 2 3* 4 5* 6 7 8
普通
豊橋
12:34
岐阜
6 40 40 80 40 30 30 - - 195人 22.4% 33.6%
新快速
豊橋
12:38
大垣
6 60 80 100 90 100 90 - - 390人 44.8%
普通
岡崎
12:49
岐阜
6 50 40 70 70 40 30 - - 218人 25.0% 37.5%
快速
豊橋
12:53
大垣
6 40 60 90 90 100 100 - - 360人 44.4% 313-5K(ドア横狭)
普通
豊橋
13:03
岐阜
4 - - 60 60 50 40 - - 158人 27.2%
新快速
豊橋
13:08
大垣
8 70 80 60 80 70 50 30 30 353人 32.0% 43.5% 3-8両目313-5K(ドア横狭)
普通
大府
13:17
岐阜
4 - - 50 60 50 40 - - 150人 27.8%
快速
豊橋
13:23
大垣
8 30 40 70 80 80 60 60 50 353人 32.0% 43.5% 3-8両目313-5K(ドア横狭)
--- --- --- --- - --- --- ---

【補足】

混雑データサマリー

時間:12:30〜13:30 (60分間) 本数:8本

平均混雑ポイント 全体 (8本) 60.4p
新快速/快速 (4本) 69.3p
普通 (4本) 48.0p
合計混雑ポイント 全体 (8本) 2900p
新快速/快速 (4本) 1940p
普通 (4本) 960p
推定輸送人員 全体 (8本) 約2,175人
新快速/快速 (4本) 約1,455人
普通 (4本) 約720人
推定混雑率 全体 (8本) 約32.3%
新快速/快速 (4本) 約37.5%
普通 (4本) 約25.2%
1両平均乗車人員 全体 (8本) 約45人
新快速/快速 (4本) 約52人
普通 (4本) 約36人

【補足】

コメント

2007年以来14年ぶりに調査を行いました。

14年前と本数は8本/hのまま変わっていませんが、普通は2両が完全撤廃され4両以上となり、
新快速/快速は6両の一部が8両化されるなど輸送力増強されています。
(両数は14年前の36両/h(14時台)から48両/h(12:30-13:30)に約33%増加)
そのおかげで一部車両を除いて全員着席可能となっています。

輸送人員は14年前は約2,331人(14時台)なのに対し、今回は約2,175人(12:30-13:00)と約7%程度減少しています。
東海道線名古屋地区の乗車人員はコロナ禍前までは毎年増加し続けていたため、減少の要因は新型コロナの影響であることは明らかです。

ラッシュ時の長編成を連結解放する手間を省くために日中も新快速/快速で8両が何本か設定されていますが、
同じ時間帯の中央線の8両と比べてさほど空席は目立たないため、終日8両のまま走らせるのは特に問題はなさそうに見えます。


関連ページ

  1. ホーム
  2. 混雑調査
  3. 名古屋地区
  4. 東海道線金山駅平日日中下り