1. ホーム
  2. 混雑調査
  3. 東京地区
  4. 東海道線品川駅平日夕ラッシュ下り

東海道線 品川駅 平日夕ラッシュ下り 混雑調査

2021年度

調査日

2021年11月12日(金) ※新型コロナの緊急事態宣言解除約1.5ヶ月後

調査時間

17:40〜19:45

調査区間

品川→川崎間(下り:熱海方面)

混雑データ

始発 発車
時刻
行先 混雑ポイント
(←熱海  東京・宇都宮・高崎→)
平均
混雑率
備考
1 2* 3 4 5 *6 7 8* 9 10* 11 12 13 14 15
小金井 17:41 伊東 15 120 140 150 80% 80% 160 150 140 130 150 120 120 120 110 110 102% B 後5両国府津止
籠原 17:49 小田原 15 130 140 160 90% 90% 160 160 150 140 160 150 150 140 130 120 122% C
小金井 17:57 沼津 15 130 150 150 90% 90% 160 150 160 150 150 150 150 150 140 130 126% C 後5両平塚止
高崎 18:01 国府津 15 110 120 130 70% 70% 150 130 120 130 140 120 120 120 120 100 89% B
小金井 18:06 熱海 15 130 140 150 70% 70% 160 150 150 150 150 140 140 140 120 120 116% B
東京 18:10 小田原 9 - - 50% 50% 50% 30% 40% 50% 50% 50% 50% - - - - --- 湘南1|着席率表示
宇都宮 18:13 国府津 15 100 110 130 60% 60% 140 130 130 120 130 120 120 120 100 90 81% B
籠原 18:20 熱海 15 130 150 150 70% 70% 160 160 170 150 160 160 140 150 140 120 128% C
上野 18:27 小田原 15 130 150 160 80% 90% 160 170 160 160 160 160 150 140 140 140 133% C
古河 18:31 平塚 15 110 120 130 50% 60% 160 130 120 130 140 130 120 120 110 100 90% B
高崎 18:36 小田原 15 110 130 140 60% 60% 160 150 140 120 130 130 130 130 120 110 99% B
東京 18:39 小田原 9 - - 50% 50% 50% 30% 50% 50% 50% 50% 50% - - - - --- 湘南3|着席率表示
小金井 18:42 熱海 15 120 130 160 70% 80% 170 150 150 150 160 150 140 150 140 120 122% C
前橋 18:49 平塚 15 140 160 170 90% 100 170 160 160 160 170 160 150 150 140 120 136% C
小金井 18:56 伊東 15 150 160 170 80% 90% 170 170 170 160 170 160 150 160 150 140 145% C 後5両平塚止
高崎 19:04 小田原 15 160 170 170 90% 100 170 170 170 160 160 150 140 140 150 140 141% C
東京 19:09 小田原 14 30% 30% 40% 30% 40% 40% 50% 40% 40% 30% 30% 30% 30% 30% - --- 湘南5|着席率表示
上野 19:12 国府津 15 140 140 160 70% 70% 160 160 160 150 160 150 150 140 140 130 128% C
宇都宮 19:19 熱海 15 140 150 160 80% 90% 170 170 160 150 160 150 150 130 120 120 127% C
籠原 19:26 沼津 15 120 150 160 70% 80% 160 170 170 150 160 160 150 150 140 120 131% C 後5両平塚止
小金井 19:34 熱海 15 120 150 160 70% 70% 160 150 150 150 160 140 140 130 110 100 114% B
東京 19:39 小田原 14 30% 40% 40% 20% 30% 40% 40% 30% 40% 30% 20% 30% 20% 20% - --- 湘南7|着席率表示
上野 19:43 小田原 15 120 140 150 50% 70% 160 150 150 150 160 140 140 140 120 120 116% B
--- --- --- - ---

【補足】

混雑データサマリー

時間:18:27〜19:27 (最混雑60分間) 本数:10本

平均混雑ポイント [110p以上補正済] 147p
合計混雑ポイント [110p以上補正済] 31,480p
推定輸送人員 約23,610人

-

車両別データ
(ピーク10本)
下り 品川駅発車時  (←熱海  東京→) 全体
1号車 2号車 3号車 4号車 5号車 6号車 7号車 8号車 9号車 10号車 11号車 12号車 13号車 14号車 15号車
平均乗車人員 147人 179人 206人 --人 --人 221人 210人 201人 185人 203人 188人 172人 167人 154人 129人 182人
平均混雑率 101%
B
123%
C
142%
C
--% --% 153%
C
145%
C
139%
C
128%
C
140%
C
129%
C
118%
B
115%
B
106%
B
89%
B
125%
C

【補足】

コメント

2009年以来12年ぶりに調査を行いましたが、当時よりも大幅に混雑緩和されています。

前回調査した2009年は周囲の乗客と体が密着してしまう混雑ポイント180p以上を多数記録し、一部車両では扉が圧迫して駅員による押し込みが必要な状況でした。

ところが、今回は180p以上に達した車両は1両もなく、立ち客が扉付近にしかいない車両もちらほら見られるなど、かつての混雑が嘘のような状況となっています。

12年前(2009年)からの大幅な混雑緩和の要因は新型コロナの影響以外に下記が考えられます。※新型コロナ関連は後述します。

普通列車は行先による混雑差はほぼなく、混雑具合は前後の列車との運転間隔に概ね依存しています。
車両別で見ると、グリーン車横の3,6号車と次の川崎駅の階段に近い7,10号車が特に混雑しており、各駅の階段から遠い1号車と14,15号車は比較的空いています。

普通列車のグリーン車はかつてはほぼ全ての車両で満席となり一部車両では立ち席も発生していましたが、今回は一部車両で満席になっているものの、多くの車両では一部空席を残した状況でした。
普通車が以前のようなすし詰め状態にはならなくなったことから、一部の通勤客がグリーン車を利用するまでもないと判断して混雑の緩くなった普通車を利用するようになった可能性もありそうです。

2021年3月のダイヤ改正で湘南ライナーの代わりに登場した特急(湘南)は9両編成で座席が半分埋まる程度の利用状況となっています。

以前より混雑緩和されたとは言え、全体平均では肩がふれあう程度Cには混雑しているため、輸送力は当面現状維持となりそうな印象です。

【新型コロナ関連の補足】

下記の国交省のデータによると、今回調査を行った2021年11月12日のピーク時間帯の首都圏ターミナル駅の利用客数はコロナ前の79%となっています。

また、下記のJR東日本のデータによると、東海道線の最寄りの東京・新橋・品川駅(オフィス駅)のコロナ禍の通勤時間帯の利用者数は他の都内ターミナル駅(新宿・渋谷・池袋・上野駅(商業駅))よりも減少率が大きいことがわかります。

よって、調査日の品川駅発車時点での輸送人員はコロナ前よりも25%程度少ないことが想定されます。


関連ページ

  1. ホーム
  2. 混雑調査
  3. 東京地区
  4. 東海道線品川駅平日夕ラッシュ下り